パワーランキング2015年2月10日

また1位のチームが独走してしまうのか?

 

SK Telecom T1 KはChampions Winter 2013-2014で優勝し、一つのシーズンを敗北することなく終えた唯一のプロチームだ。
そして現在SK GamingとGE Tigersが(GE TigersはJin Airに対して1ゲーム落としたものの)、ここまで全勝している。

今週も首位チームの勢いは衰えず、ランキングに大きな変動はない。
しかしFnaticやOMGは格下のチームに負けたことで、その弱点が露見した。

ところで今週からBrazilのランキングも加えて紹介しようと思う。
Brazilのチームがトップ20に食い込むことはないと思うが、可能性がないわけではない。

そういうわけで、今週の出来事を見てみよう・・・

 

KOREA

  1. GE Tigers (6-0) [12-1]
  2. Jin Air Green Wings (4-2) [10-5]
  3. SKTelecom T1 (4-2) [8-5]
  4. CJ Entus (4-2) [8-6]
  5. Najin e-mFire (2-4) [6-6]
  6. Incredible Miracle (3-3) [6-7]
  7. KT Rolster (1-5) [3-10]
  8. Samsung Galaxy (0-6) [1-12]

(マッチスコア) [ゲームスコア]

試合結果

GE Tigersは快進撃を続け、Koreaの首位に君臨している。
次に負けたとしても1位を維持できるし、どのチームでも今の彼らを捕まえることは困難だろう。
Jin Airは相変わらず好調で、SKTは対Samsung戦でチャンピオン選択を見直すことによって持ち直した。
一方CJ EntusはJin Airから勝利をもぎ取ることができず、わずかに順位を落とした。

 

CHINA

  1. Edward Gaming (8-1)
  2. OMG (5-0-3)
  3. LGD Gaming (4-3-1)
  4. Snake (5-0-4)
  5. Invictus Gaming (4-3-1)
  6. Team King (2-4-1)
  7. Star Horn Royal Club (3-3-2)
  8. Vici Gaming (2-2-4)
  9. Gamtee (0-4-4)
  10. Master3 (2-4-1)
  11. Team WE (0-6-3)
  12. Energy Pacemaker (0-5-2)

(勝-負-引き分け)

試合結果

今週OMGは少し苦戦した。
大局的な戦略、チームプレイという彼らの弱点が露わになったのだ。
しかしながらLGDがKingに敗れたのでOMGはその順位を維持している。
KingはLGDを倒したことでやっと立ち直ってきたようだ。
そして来るべきOMG戦とIG戦で、シーズン初めに彼らが背負っていた大きな期待の正当性を示そうとしている。
一方いくつか引き分けこそしているものの、Snakeはいまだに1マッチも敗北を喫していない。
EDGは今週行った6試合のすべてに勝利した。
Week6でOMGと相対するまでは、彼らが真に脅かされることはないだろう。楽しみに待とう!

 

NORTH AMERICA

  1. Team SoloMid (5-1)
  2. Counter Logic Gaming (5-1)
  3. Cloud9 (3-3)
  4. Team Impulse (3-3)
  5. Team8 (3-3)
  6. Gravity (3-3)
  7. Team Liquid (3-3)
  8. Winterfox (2-4)
  9. Team Dignitas (2-4)
  10. Team Coast (1-5)

 

試合結果

状況は変われば変わるほど、彼らの距離は近づいていく。
TSMとCLGが、再びNorth Americaのトップに帰ってきた。
Cloud9はその堅実なプレイでゆっくりとランキングのトップを目指してはいるが、リーグは概して3-3の戦績のチームがひしめく混戦模様だ。
私たちはゲームの内容と対戦相手の強さでランキングの順番を決めているのだが、どのチームも似たり寄ったりと言ったところだ。
しかしTeam Liquidのことは気にかかっている。
コミュニケーション問題はより顕著になってきているし、大局的な戦略とチャンピオン選択に目を向けても優れたチームだとは言い難い。

 

EUROPE

  1. SK Gaming (6-0)
  2. Fnatic (5-1)
  3. Elements (4-2)
  4. Team ROCCAT (3-3)
  5. Unicorns of Love (3-3)
  6. Copenhagen Wolves (3-3)
  7. H2K (2-4)
  8. Giants Gaming (2-4)
  9. Gambit Gaming (1-5)
  10. MeetYourMakers (1-5)

試合結果

誰もSKを止められない。
Elements対SK Gamingの15分あたりではElementsがEUの絶対王者を打ち倒す可能性を予感させたものの、SK Gamingの巧みな戦闘によって試合はひっくり返り、FORG1VENGREと仲間たちはまた圧勝を収めた。
そしてFnaticはついにUnicorns of Love(彼ら自身も問題を抱えているのだが)に対していくつかの弱点を曝け出した。
ROCCATはシーズン序盤の険しい道のりを乗り越えてEUのトップ4に食い込んできた。
最も評価を上げたのは、Unicorns of Love相手に番狂わせを起こし勝率を50%に乗せたCopenhagen Wolvesだろう。

 

TAIWAN

  1. Yoe Flash Wolves (6-1)
  2. Taipei Assassins (8-0)
  3. Hong Kong Esports (6-2)
  4. AHQ e-Sports Club (6-4)
  5. Never Give Up (3-6)
  6. Logitech Snipers (4-5)
  7. Midnight Sun Esports (1-7)
  8. Dream or Reality (0-9)

試合結果

IEM TaipeiのためWeek4は基本的に休みで、少しだけ試合が行われたものの大した番狂わせはなかった。
Hong Kong Esportsが先週行ったメンバーチェンジが劇的な効果でも生まない限りは、TPAとFlash Wolvesの独走が続くだろう。

 

BRAZIL

  1. INTZ e-Sports (2-0-2)
  2. Keyd Stars (2-0-2)
  3. paiN Gaming (1-0-3)
  4. CNB e-Sports Club (2-2)
  5. KaBuM! Black (1-0-3)
  6. KaBuM! Orange (1-2-1)
  7. Dexterity Team (1-3)
  8. JAYOB e-Sports (0-3-1)

(勝-負-引き分け)

試合結果(ページの一番下)

2015 Summer CBLoLの半分が終わりプレーオフが近づいてきて、多くのBrazilのチームが苦境に立たされている。
INTZ e-Sportsはこのシーズンにおいて突出している。
ほとんどの試合で協調してマッププレッシャーをかけ、巧みに視界を確保していくのだが、不思議とこれを忘れている試合もある。
それでもなお調子の良いときのINTZは、同じ上位チームのKeyd StarsやpaiN Gamingをも大きく上回っているように思える。
Keyd Starsは2人の韓国人と残りのチームメンバーとのコミュニケーションを改善することによって成長を続けていくだろう。
それが、特定のチーム構成でしかうまくプレーできないpaiN GamingよりKeyd Starsを上に置いている理由だ。

 

INTERNATIONAL

  1. GE Tigers (6-0)
  2. Edward Gaming (8-1)
  3. Jin Air Green Wings (4-2)
  4. SKTelecom T1 (4-2)
  5. OMG (5-0-3)
  6. CJ Entus (4-2)
  7. LGD Gaming (4-3-1)
  8. Najin e-mFire (2-4)
  9. Snake (5-0-4)
  10. SK Gaming (6-0)
  11. Invictus Gaming (4-3-1)
  12. Team King (2-4-1)
  13. Star Horn Royal Club (3-3-2)
  14. Vici Gaming (2-2-4)
  15. Team SoloMid (5-1)
  16. Fnatic (5-1)
  17. Yoe Flash Wolves (6-1)
  18. Elements (4-2)
  19. Taipei Assassins (8-0)
  20. Counter Logic Gaming (5-1)

今週はKoreaのパネリストが強く意見を主張した。
例外的に強いEDGを除けば多くのチームが苦戦したChinaと比べて、Koreaはずっと優れているように思える。
KoreaやChinaのチームがチームプレイの点で弱さを見せるか、EUの強さが世界に通用することを証明しない限りは、ほとんどのパネリストはSK Gamingの順位をこれより上に動かしたくないと考えている。
しかしまだSK Gamingが無敗のまま戦い続けるのなら、彼らはさらなる高みへ登るだろう。
とりわけ来るべき一番のライバルとの戦いを制したときには。

NAとChinaではまだお互い対戦していない上位チームが多くあるので、成長して対戦相手を倒すチームや、圧倒的な敗北を味わうチームが見られて楽しめるだろう。
次週ではそれぞれの地域でも世界でも多くのことがはっきりとすることだろう。
SKTとGEが対戦し、Kingはトップチームの洗礼を受ける。
OMGはLGDとの戦いでその力が真に試されるだろう。
そしてCLGはTSMと戦いNAの首位を争う。

元記事
http://na.lolesports.com/articles/power-rankings-2102015