勝率の高いチャンピオンの組み合わせ

要約:FiddleとTalonがnew meta。

たとえばディナーに合ったワイン、ちゃんと左右の合ったソックス―
人生の成功ってのは大抵、正しい組み合わせから生まれるんだ。
あるチャンピオンがRiftでどれだけ素晴らしいかを語るサイトは多いけど、2人のチャンピオンの組み合わせがどのように作用するのか分析するサイトは見当たらない。
というわけで僕がそれを作ってみた。

今回のデータ:
NA ranked solo queueにおいて
パッチ5.1、5.2、5.3に
diamond, master, challengerによって行われた64,000試合

123人のチャンピオンから2人を選べば組み合わせは7,503種類。
このうちのいくつかは実際にrankedで起きた組み合わせだ。
勝率という最もわかりやすい基準で、それぞれのペアがどう機能するのか考えてみよう。

最初の表は100回以上プレイされたペアの中で、最も勝率が高かったものだ。

2015022001

Fiddlesticks + Talon これがnew metaだ。Ha! Okay, たぶん違うね。
でも正直言ってこの結果は予想してなかったよ。Janna / Gravesはどこだ?
Jannaはペアの片割れとしては出てきてるけど、marksmanとセットになってはいない。どうやらSingedが隠し味のようだね。
Vladimir / Ireliaが2位なのも面白い。今のmetaだとどっちも典型的なtopなのに、この組み合わせは無茶なんじゃない?

これらの勝率が単独のそれぞれのチャンピオンたちのそれより高いことが分かって嬉しいよ。
適切な組み合わせは、その片方ずつよりも大きな力を生むんだ。

次の表は最初のと逆、100回以上プレイされていて、最も勝率の低い組み合わせだ。

2015022002

LeBlanc + Karmaっていうのはちょっと弱そうだけど、Syndra + Gnar?僕には強そうに思えるよ。
しかしデータは嘘をつかない。ハイレベルなranked solo queueで、Syndra / Gnarは31%しか勝てなかったんだ。
あちゃー、Lux + Lucianもひどいね。というか僕はLuxが嫌いなんだよ。

たぶんこれらのペアは避けた方がいいんだろうね。

「100回以上プレイされた」っていう条件を外すとどうなるだろう?
これが勝率の高い組み合わせだ。

2015022003

Yes! Olaf + Karthus.
僕にはどういうことか分からない。誰か考えがあれば教えてくれ。
僕が安っぽいと考えていたチャンピオンが表を埋め尽くしてるのは本当に面白い。
もちろんこれを真に受けるにはデータが少なすぎるんだけど、どこかに新しいチーム構成のヒントが隠されてるかもね。

この表の下の方に、83%の勝率を誇るTaric + Varusが隠れてる。
今回の分析の中で初めて出てきたsupportとmarksmanの組み合わせだ。
この組み合わせに出会えて喜んでるのも変な話なんだけど、これはすごく強い気がするね。
非常に長い拘束時間だ。

お遊びで、64,000試合の中で一度も勝てなかったペアも見てみよう。

2015022004

言葉が見つからないよ。

Ziggs / Azirには少しはメリットがありそうな気がするけどね。
この試合には2画面先から大ダメージを叩き出すこと以上の価値がある。

最後に負け知らずのペアを見て終わろうか。

2015022005

Rammus + Kha’Zix. Ok.

そしてまたEveだ。Shyvanaじゃなくて、Shacoと組み合わせてるのがミソだね(ステルス多い!)。
そしてなんでYorickがここにいるんだ?ああ、サンプルが少ないからだね。

Shyvana / Volibearは頑強な前衛だね。
OK、もう馬鹿話は十分だろう。

http://www.leaguemath.com/champion-pairings/

 

Pilon23
面白いね。もっとたくさんの表が見てみたいよ。
サンプルの制限を200試合や300試合にしたらどうなるのかな?

hrrldcounter logic gaming
でしょ?
200試合だとfiddle/talonがトップのままだけど、syndra/thresh(400試合以上あったペア)が34%で最低の勝率になる。
300試合だとこうなる。

2015022006

面白いね・・・
ぜひ他の記事も読んで君の考えを聞かせてね。
http://www.leaguemath.com

 

saintshingcounter logic gaming
正直言って、64,000試合のうち200試合じゃサンプルが少なすぎる。
Talon+fidの組み合わせは1000試合中3試合しかないんだ。
そして勝率も2/3だ。

hrrldcounter logic gaming
僕が著者だよ。うん!
この記事のサンプル数は全部とても少ない。
チーム構成の新しいアイデアを生み出そうとしただけなんだ。
もしよければ、他の記事の中にはもっと良い統計処理がなされているものもあるよ。
とにかく、読んでくれてありがとう。じゃあね (:

 

元記事
http://ja.reddit.com/r/leagueoflegends/comments/2wghk8/some_interesting_math_tldr_fiddle_talon_the_new/