プロシーンから新しいメタを学ぼう

LCK等の解説でおなじみのMonteCristoが、プロシーンの見どころを紹介する動画。

 

2016041001

今週のカギは『どれだけ新しいメタに適応できたか』。

TOP スプリットプッシュから純粋なタンクへ

MID アジールやリサンドラのようなユーティリティ、ゾーニングに秀でたチャンピオン

 

2016041002

NA LCS準々決勝 TSM対C9の4試合目

TSMの構成はグラガス、ブラウムをフロントラインに、グレイヴス、ヴェルコズ、カリスタの3キャリー。

ちなみにヴェルコズはアジールにpoke勝ちできるレーンカウンター。

(日本鯖来たし英語は極力使わないようにしようと思いましたがすごく疲れるので諦めます。)

C9はAzirとCorkiを取ったがここでMorganaサポートについて一言言いたい。

 

2016041003

もはや誰もMorganaサポートなんてやらない。
なぜならBraum,Trundle,Alistarのような硬いフロントラインが必要だからだ。
あるいはせめてultでタワーダイブが可能なBard。

 

2016041004

初めGragasはレーンスワップを回避するためにテレポートの使用を強いられ、ガンクを食らいファーストブラッド。
Poppyがスノーボールする展開かと思われた。

 

2016041005

ところがC9はこの後多くの失敗をおかした。特にKindred。

 

2016041006

そしてこのタワーダイブ。
MorganaがFlash ultをしているがこれがAlistarならばもっと別の形でのエンゲージが可能だっただろう。

 

2016041007

この集団戦でも、たった一人を捕まえるためにMorganaのultが使われたが、Alistarならultすら使わずにこの重要なpickを成し得ただろう。

この後TSMはBaronを取って勝利。パッチ6.6をかなりモノにしているように感じた。

 

2016041008

次はNA LCSのNRG対TL。

ここではNRGの構成の方が優っているように思う。

もちろんKalistaは強いが、恐らくKindredやNidaleeなどと組み合わせればより効果的だっただろう。

ダイブしにくいJannaはあまり好きではないが、TLは今のメタでのマップコントロールをよく理解していた。
それこそがTLを勝利に導くことになる。

 

2016041009

この試合はよくあるレーンスワップから始まったが、TLは少しでもアドバンテージを得るために今までのセオリーとは違う動きを見せる。

お互い1本目のタワーを折った後、スワップして反対側のタワーを折りに行くのではなく、そのままレーニングを続けたのだ。
敵のGnarはボットの2本目まで迫っているというのに。この点ではTLは少しリスクを負っている。

そしてTLはとても大胆な作戦に出る。

 

2016041010

ジャングラーが既に居る、トップレーンにMaokaiをテレポートさせたのだ。
(Gnarもテレポートしているのでトップで4対4、ミッドで1対1の状況)

普通に考えて、君がTLならこんなことやりたくはないだろう。
ボットの2本目まで押し込まれている、大量のファームを失うことになるのだから。

もしこのテレポートが失敗に終わったら、何も得られずにGnarとMaokaiに大きな差だけがついてしまうことになる。
そうなったら目も当てられない。

 

2016041011

しかし、ここでMaokaiについて話そう。

パッチ6.6でMaokaiはMRがレベルで上昇するようになった。
その結果、Maokaiはより少ないアイテムでタンクの役割を果たせるようになったのだ。
ひいては味方のキャリーを育てるために、多少のファームを犠牲にしてテレポートする余裕があるということだ。

トップレーナーにたくさんファームさせるという古いやり方を続ける以上、NRGが取れる対抗策はそう多くなかっただろう。

一方のMaokaiは自分からビハインドを背負いに行くことになるが、彼らはこう言うだろう。
「トップレーナーが遅れを取っていようが大丈夫、こちらのADCが敵のADCより育っているんだから。」
今のメタではこの選択が正しいように思う。

 

2016041012

タワー、ドラゴン、TLはあらゆるアドバンテージを得たが、22分。

KalistaがスプリットしているときにGnarの素晴らしいultからNRGは集団戦に勝利。
大きな資金差を縮めたものの、この後集団戦に敗れBaronを取られ試合の流れが決まってしまう。

ドラフトにおいてはNRGの方が上手だと感じたが、パッチ6.6での実際のゲームプレイの点ではTLの方が全体的に優っていた。

(LJLを観た後続きを更新するかも)